企業の経営は行政書士に依頼する【手続きラクチン解消法】

男性

外国人を雇用する際の責任

スーツ着た男性

増加する外国人労働者

民間の企業や飲食店において、東京でも外国人労働者の割合が増加の一途を辿っています。外国人労働者に頼らざるをえない背景には、日本の少子化による労働力不足があり、また、中国や東南アジアの人々にとっては、日本の給与水準は魅力があるという側面もあります。東京含めて外国人を雇用する場合は、正規雇用であっても、一時雇用であっても、採用側の企業にもクリアすべき手続きと義務があります。まず、外国人が在留資格を保有しているか、または、在留期間を超えていないか、あるいは、就労資格を保有しているかなどを確認することです。万一、在留資格や就労資格を有さない外国人を雇用していた場合、これは採用した企業側が責任を問われ、当該外国人も国外退去等の罰則を受けることになります。

入国や就労に関する手続き

外国人の雇用に関する手続きは、東京都に所在地を置く企業であれば、入国管理局で行なう必要がありますが、行政書士に申請手続きを委託することが効率的です。行政書士の中でも、申請取次行政書士という出入国関係の専門職が対応にあたるため、申請者自身が出頭する必要がなくなり、仕事や学業から離れることが避けられます。各種の申請手続きを終えて、外国人の採用が決定しても、それで企業側の責任が終了したわけではありません。外国人の賃金や社会保険、納税等が他の労働者と比較して、著しく差別されていないこと、また、企業内で公平に扱われているか等、きちんと管理する必要があります。外国人が入社したり、離職した場合は、厚生労働省が管轄する社会保険事務所やハローワークに届出を行ないます。こちらの手続きについても、東京の行政書士あるいは社会保険労務士に相談することが賢明です。

調停は怖くない

女性

離婚調停は裁判所で行われるため難しそうなイメージがありますが、蓋を開けてみるとそんなことはありません。話し合いがつきそうにないなら、泥沼化する前に調停を申し立てるのも一つの手です。その際調停委員を味方につけられるかがカギとなります。

» 詳細へ

事故後は必ず病院へ

困る

交通事故による後遺障害は、自賠責保険の対象となります。きちんとした保証を受けるためには、迅速に警察に通報し人身事故として交通事故証明書を書いてもらう必要があります。軽いケガだと自分で判断せずに、病院に行ききちんと診断書をもらいましょう。

» 詳細へ

払い過ぎた利息を取り戻す

男性

2010年以前にキャッシングを利用していた方は、過払い金が発生しています。利息を払い過ぎているため、返還請求により取り戻すことが可能です。専門家に相談する場合には、千葉県弁護士会や千葉司法書士会に相談することで、適切な専門家を紹介してもらえます。

» 詳細へ